証 - アドベンチスト・インフォメーション2月号

東日本教区・A姉妹

今、わたしは「777の祈り」に参加させていただいています。初めのころは何をどう祈ったらよいのかよくわかりませんでした。聖霊を求めるというお祈りのテーマも何か自分の心の中のさけびではないようでお祈りをするたびに自分のお祈りがうそっぽく感じていました。しかし、毎日お祈りをしているうちにいつの間にかこのお祈りの習慣が一日の中で大切な時間に変わっていきました。あるときから聖霊の必要を感じるようになり、祈りを通して聖霊の導きに感謝する自分の姿に気がつきました。

以前、ある牧師先生がよく「私たちを通りよき管としてお用いください」と、祈っていらしたのを思い出します。それは聖霊が私たちに働いてくださるときに、私の自我が聖霊の働きを邪魔することがないようにとのお祈りだったとわかりました。そして、聖霊によってだけ私が人を愛することができるようになれるのです。

今では「777の祈り」は私にとって積極的な祈りの時間になりました。家でひとりで祈っていても、同じときにたくさんのアドベンチストの方たちも一緒に祈っていらっしゃるという連帯感にとても励まされます。祈りの力をもっと体験し、聖霊の導きをもっと経験して、まだ神様のことを知らない方たちにイエス様をご紹介できたら素晴らしいと思います。テッド・ウィルソン世界総理がお話してくださいましたように、自分自身を「小さないなご」と思わないでイエス様によって自分には何でも出来ると言える強い信仰者になりたいです。(東日本教区・A姉妹)