我々の最も差し迫った必要

ノーマン・R・ガレイ

あなたがそこにおられたら、どんなによかったことでしょう。何百人ものアドベンチストが鉄道の駅に群がって、ジョージヤ・ドームに行く地下鉄を待っていました。彼らは「We Have This Hope(キリストは来たりたもう)」を歌っていましたが、一方周りの人たちは一体これは何のお祝いなのだろうかと不思議そうでした。それは2010年7月の世界総会における最後の安息日のことでした。セブンスデー・アドベンチストであることは、なんという喜びでしょう! 我々は、なんという祝福された希望を持っていることでしょう!

キリスト来臨のしるし

キリストは彼の再臨についてお語りになりました。あなたはキリストのしるしに関する説教をご存知ですね(マタイ24、25章)。あなたは「あなたがおいでになる時や、世の終りには、どんな前兆 (単数)がありますか。」という弟子たちの質問に注目したことがありますか(マタイ24:3)。キリストは「人に惑わされないように気をつけなさい」(4節)とお答えになり、続けて幾つかのしるしをお語りになりました。キリストは弟子たちの質問を無視しておられたのでしょうか。それともしるしは重要ですが、それよりももっと心にかかることがおありだったのでしょうか。最後にキリストは、彼が雲に乗って来られることを「しるし」として指し示されました (30節)。
キリストは、人を惑わす偽キリストや偽預言者についてお語りになりました(5,11,24節)。しかし彼の最大の関心は、ずば抜けた才能を持つ偽キリスト(サタン)でした。「人々が『見よ、彼は荒野にいる』と言っても、出て行くな。また『見よ、へやの中にいる』と言っても、信じるな。」(26節)、なぜなら「ちょうど、いなずまが東から西にひらめき渡るように、人の子も現れるであろう。」(27節;1テサロニケ4:16-18参照)。「私を装うサタンに欺かれてはならない」がキリストの警告でした(2コリント11:14参照)。「聖書を熱心に研究し、真理の愛を受けた者だけが、世界をとりこにする強力な惑わしから守られる。」1

神の約束された賜物

〜リバイバル、改革、献身、宣教についての重要勧告〜

 神はセブンスデー・アドベンチスト教会を、神の愛と真理である終末のメッセージをこの世界に伝えるだけでなく、その真理に生きるために特別にお召しになりました(黙示録14:6〜12)。この終末のメッセージを、60億人を超える地球上のすべての人々に伝えるのは不可能のように見えます。この働きに私たちは圧倒されます。人間的な観点からすれば、キリストの大宣教命令がすぐに完了するということは、あり得ないように見えるのです(マタイ28:19、20)。

 教会の成長率は、世界の爆発的な人口増加率に追いついていません。私たちのこの世界に対する今日の伝道の評価は、正直なところ、何らかの劇的な変化が起こらない限り、この世代において天の課題を果たすことはできないのです。いくら最善を尽くしていても、私たちのあらゆる計画や戦略、財力では、神の栄光をこの世界に輝かせることができません。

新約時代の教会に対するキリストの約束

宣教のためのリバイバルと改革

教団伝道局長 花田憲彦

「リバイバルと改革」~なぜ今なのか?

 「シオンで角笛を吹き わが聖なる山で鬨の声をあげよ。この国に住む者は皆、おののけ。主の日が来る、主の日が近づく。」(ヨエル2:1)

 旧約の預言者ヨエルが、敵に侵略されようとしていたイスラエルに向けて語った言葉です。同時にこの警告の言葉は、キリストの再臨を目前にひかえている現代の私たちに対するメッセージでもあります。そして彼は、こう続けます。「主は言われる。『今こそ、心からわたしに立ち帰れ 断食し、泣き悲しんで。衣を裂くのではなく お前たちの心を引き裂け。』あなたたちの神、主に立ち帰れ。主は恵みに満ち、憐れみ深く 忍耐強く、慈しみに富み くだした災いを悔いられるからだ。・・・シオンで角笛を吹き 断食を布告し、聖会を召集せよ。」(12、13、15節)

目を覚ましていなさい

マルコ13:33~37 

藤田昌孝(西日本教区長)

 マルコ13章は小黙示録と呼ばれています。その内容が、世の終末について描かれているからです。

13:33 気をつけて、目を覚ましていなさい。その時がいつなのか、あなたがたには分からないからである。

13:34 それは、ちょうど、家を後に旅に出る人が、僕たちに仕事を割り当てて責任を持たせ、門番には目を覚ましているようにと、言いつけておくようなものだ。